相談しましょう

悩む男性

金融業者などからお金を借りていて、返済中の人は今現在の時点で過払い金があるかどうか調べてみましょう。調べてみると、過払い金があるかもしれませんので、一度弁護士に依頼をするなどして調べてみましょう。

詳細を確認する...

頼りましょう

男性

金利に関する法律が変わったことで、過払い金が発生している人が増加しました。その理由にはグレーゾーン撤廃法という法律が深く関係しています。法が変わる前の金利で支払いをしているのであれば、すぐに過払い金請求をしましょう。

詳細を確認する...

専門家がついている

スーツの男の人

過払い金請求をしたくても、法律に詳しくないと不安で勇気が出ないという人も多くいるでしょう。そんな時こそ法律のプロである弁護士に相談することをおすすめします。過払い金請求について詳しい弁護士を選ぶと安心です。

詳細を確認する...

自分のお金

相談

横浜でも過払い金というのは、借金をした人が、本来は返す必要がある金額以上に払いすぎているお金のことを指します。というのも、実は、金融業者との契約をかわしている場合、特に5年以上の長期間返済を続けている人は、法律で決められている以上の利息を払っている可能性が高いのです。金融を行う際には利息をつけるわけですが、この利息、法律によってかけていい値が決められています。金額にもよりますが、15%から20%というのが、法律が定める範囲。ところが、金融業者などは、この範囲を超えて金利を設定している場合が多くあります。もちろん、私人間の契約ですから、その範囲を超えてお金を取ることがそのまま犯罪になるわけではありません。ですが、法律の力を借りて、その契約の内容を見直し、「本来なら払う必要がなかったお金=過払い金」を再計算することは可能です。本来なら15%の金利を設定する権利しかないのに、20%の金利が設定されていたら、その5%の過払い金は、支払いをするうちに積もり積もって大きな金額になっている可能性が高いです。横浜でも支払い終わったお金でも、過去にさかのぼって過払い金の性急をできる場合があります。必要なら、専門としている弁護士に相談をするといいでしょう。