専門家がついている

スーツの男の人

過払い金を請求するにあたって、大事なのは、まずは弁護士に相談をすること。もちろん、個人で金融業者と交渉し、過払い金を返してもらうのも、制度上は可能です。しかし、そのためには、自分でどれだけのお金が請求できるかを計算し、法律上の返してもらえる根拠もきちんと明示し、そして自分自身で企業と対話しなければなりません。なかなか、個人でそこまでのことをするのは大変ですし、何より弁護士に相談することによる大きなメリットがあります。それは、相談を持ち込んだ時点で、返済を停止できること。話をしている間は取り立てがストップしてくれます。ですから、特に現在も返済を継続している人は、できるだけ早く弁護士事務所に相談することをおすすめします。とはいえ、弁護士なら誰でもいいのかというと、そんなことはありません。一口に法律家といっても、やはり得意なジャンルがありますから、こういった金融問題に詳しい、専門的な弁護士を頼るべきでしょう。専門的な人は業者との交渉を何度も行なっているので、かかる時間が短く済む、というのも大きな利点として考えられます。解決までの時間が長引くと精神的にもつらいので、きちんと解決してくれる人を頼るようにしましょう。