相談しましょう

悩む男性

自分に過払い金があるかも、と思ったら、まずは弁護士に相談しましょう。ただし、ちょっと注意が必要なのは、弁護士なら誰でもこの問題に対処ができるとは限らないという点。お医者さんにも内科や外科といった得意分野があるのと同じで、弁護士のような法律家にも、こういった金融問題に詳しい人もいれば、離婚調停に詳しい人、盗難事件に詳しい人といった、専門分野があるのです。もちろん弁護士すべてには、同じように交渉を行う権利がありますが、金融問題については、知識しかなくて実践したことはない、という人はたくさんいます。また、金融業者の間でも、どの弁護士が手強くて、どの弁護士なら対処しやすいか、という判断をしていると言われています。そのため、問題に詳しくない相手に対しては、交渉を引き伸ばしたり、履歴をなかなか開示しないなど、難航する場合が多いと言われています。ですから、やはり金融業者に対しての交渉能力と経験があり、いくつもの事件に対処してきた、専門的な弁護士に頼るのがベストな選択ということが出来るでしょう。この時に、契約書や取引明細といった、あなたが金融業者とどのようなお金のやり取りをしているかを証明する書類があれば、スムーズに話を進められます。