頼りましょう

男性

2006年にグレーゾーン撤廃法と呼ばれる法律が可決し、今までは自由に金利を設定することができた各種金融業者が、その額に制限を受けるようになりました。しかし、依然として、この法が可決する前に設定された金利は、適用されている場合が多いようです。そのため現在も、法律で設定されている以上の金利で返済を続けている人がいるようです。そういった、高すぎる金利にもとづいて払われたお金のことを、「過払い金」といいます。過払い金については、返還するように求めることができることをご存じでしょうか?これを、過払い金請求といいます。法律に違反して支払っているお金ですから、場合によっては訴訟することも可能です。しかし、だいたいの場合は、訴訟にはせず、弁護士を介しての交渉によって返してもらえるようにすることが多いみたいですね。今現在支払っている額でなく、すでに完済した借金についても、きちんとした契約書と明細が残っていれば、過払い金として請求することができる場合もあります。このことから、金融トラブルに詳しい弁護士の力を借りて、お金を返してもらう件数が増加しています!ここでは、どのように過払い金請求をおこなうかについて、詳しく解説していきます。